開催中企画展

  • HOME »
  • 開催中企画展

中林忠良と秀作版画展


1937年東京都品川区生まれ。
 
1944年、父の実家新潟県加茂市に疎開。1948年帰京、東京都豊島区に住まう。1953年都立文京高校に入学。
 
1959年東京芸術大学入学。1961年、大学3年次で駒井哲郎に銅版画を学ぶ。1963年卒業。同大学院美術研究科版画専攻に入学し、駒井哲郎に師事する。
 
1986年長野県茅野市に「山のアトリエ」を持つ。1989年東京芸術大学美術学部教授。2005年定年退任。

玉川信一 油絵展


1954年 福島県会津坂下生れ。
 
彼の作品は醜悪なまでにデフォルメした人間像から現代の荒涼とした孤独感を浮き彫りにしています。
 
そして、その表現が極めて説得力を持つのは西洋油彩画の正統的技法を駆使し、堅牢なマチエールを編み出しているからです。
 
はじめ彼は技巧的な絵を描いていましたが、やがて激しい情念をキャンバスにたたきつけるような作風に変貌。堅牢なマチエールコンポジションの上に、荒々しいタッチでデフォルメされたグロテスクな風貌の人物を風景の中に描き、荒涼たる現代における本質的な人間像を表出しています。
 
人間の群像、機械群、都市風景、オートバイなど主なモチーフは変遷。1988年移行あたりからそれまでのモノクロームに近い色調から緑系色など新たな色彩に挑んだり岩絵の具などを取り入れ、絶えず新たな試みに挑んでいます。

PAGETOP
Copyright © 上尾モダンアーツプチミュージアム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.